水道の給水装置工事について

水道工事には2種類あり、全て一連の工事を給水装置工事と言います。この装置は、水道メーターや給水栓、止水栓、排水管などの総称になります。2種類の内の1つ、給水管引込工事とは、道路下の排水管から自宅の水道メーターまでの工事のことを言います。2つ目の屋内配管工事とは、設置されている水道メーター、もしくは水道開閉の元栓である第1止水栓から蛇口までの工事のことです。
また、給湯器の調子が悪いなどの場合でも対応してもらえます。壊れてしまって使えなかったり、古い給湯器だったりする場合は給湯器 交換もしてくれます。もし給湯器のトラブルで困っている場合は、専門の業者に相談することをおすすめします。

■給水方式の種類

排水管から直接水を汲み上げる直結式、排水管から一度受水槽に貯められた水を汲み上げる受水槽式、受水槽は経由せず水圧の高いポンプで汲み上げる中高層直結式があります。普通の一般家庭などの戸建て住宅では、直結式が採用されますが、マンションなどの高層建物の場合は中高層直結式が採用されます。



■それぞれの給水方の特徴

直結式は受水槽式と違い、水を溜めてないためより衛生的であると言えます。また、受水槽やポンプなどにかかる費用や電気代もかかりません。受水槽式は一度に多量の水を使用出来る他、断水が起きてもある程度水が溜められているので、すぐに水の心配をしなくてすみます。このようにそれぞれにメリットがあり、建物の規模や特徴などによって採用される方式は異なります。



■まとめ
このように水道工事、給水方式にはいくつか種類があります。水道工事では排水管から水道メーターまでと、水道メーター、または第1止水栓から屋内の蛇口までに分けられ、これらをまとめて給水装置工事と呼びます。給水方式には3種類の方式があり、戸建ての建物かマンションやビルなどの高層建物かによって採用される方式は異なり、それぞれの特徴も当然違います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ